アプリへの支出額が過去最高、第1四半期は40%増の約3.5兆円に

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年04月02日 11時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2021年第1四半期の記録的なアプリ売上高は、新型コロナウイルスのパンデミックが1年前に始まって以来、アプリの購入が急増したことを示している。アプリ市場分析企業のApp Annieによると、同四半期のアプリ総売上高は320億ドル(約3兆5400億円)で、ロックダウンの第1波が始まったばかりだった前年同期を40%上回った。

 人々が外出を控え、モバイルゲームや動画ストリーミング、ソーシャルアプリを通じてより多くの娯楽を求め始めたため、消費者が2021年第1四半期に支出した額は、前年同期より90億ドル(約1兆円)増えたという。

 「iOS」ユーザーは、「App Store」でアプリやゲームに210億ドル(約2兆3200億円)を支出した。これに対して、「Android」ユーザーは「Google Play」のアプリに約110億ドル(約1兆2200億円)を費やした。App Annieによると、両ストアの売上高はともに、前年同期比で40%増だったという。

App Annieのデータ
提供:App Annie

 一方、App StoreとGoogle Playでのダウンロード件数は、前年同期比10%増の310億件だった。

 ゲームアプリは、パンデミックにおける最大の勝者だった。iOSユーザーはApp Storeで前年同期比30%増の130億ドル(約1兆4400億円)をゲームに費やし、AndroidユーザーはGoogle Playで前年同期比35%増の90億ドル(約1兆円)を支出した。

 App Annieは、2021年通期ではモバイルゲームへの支出額が1200億ドル(約13兆3000億円)に達すると推算している。

 Google Playでダウンロード数が顕著に伸びたカテゴリーは、ソーシャル、ツール、ファイナンスだった。iOSの場合、最も大きな伸びが見られたのはゲーム、ファイナンス、ソーシャルネットワーキングだった。iOSではヘルス&フィットネス分野のアプリも、前四半期比で25%増加したという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]