logo

JALとJR東日本、MaaS領域で連携--旅行の準備から移動、滞在までをシームレスに

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空(JAL)と東日本旅客鉄道(JR東日本)は3月29日、MaaS(Mobility as a Service)の推進・社会実装に向け、連携して取り組むことで合意したと発表した。

 ニューノーマルにおいて、移動・旅行スタイルが多様化するなか、「空」と「陸」の移動を担う両社が垣根を越えて連携することで、利用者が安心して出発地から目的地までをシームレスに移動できる社会を実現し、日本経済発展の一助を担うべく取り組みを推進するという。

 
 

 今回、最初の取り組みとして、日本からハワイへ向かう旅行者に対し、ハワイの本格的な観光再開に合わせてMaaSの実証実験を実施する(具体的な日程は未定)。

 同実験では、旅行の計画段階の「旅マエ」、旅行中の「旅ナカ」、旅行後の「旅アト」の計画づくりや、楽しい過ごし方をトータルに手伝うサービスの提供を予定。また、これまで「旅行準備」「国内・航空移動」「現地滞在」といったシーンごとに独立していた利用者体験を、よりシームレスにすべく、実験を通じて新たなサービスの創出に取り組むという。

 旅マエにおいては、新たな旅の楽しみ方の発見に繋がる情報・機能の提供。旅ナカでは、ハワイをよりお得に楽しむための情報・機能を提供する。加えて、簡単・便利に目的地まで移動できる手段を提供する予定。

 今後は、自宅から国内外の目的地までをシームレスに移動できる社会の実現に向け、まずはハワイを舞台に実証実験を実施し、その後もさまざまな場所や観点での連携を両社で検討するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]