logo

グーグル、米国のオフィスとデータセンターに約7600億円を投資へ

Larry Dignan (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年03月19日 09時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間3月18日、年内に米国のオフィスとデータセンターに70億ドル(約7600億円)を投じ、1万人以上のフルタイム雇用を創出すると発表した。これにはネブラスカ州、サウスカロライナ州、バージニア州、ネバダ州、テキサス州にあるデータセンターの拡張が含まれる。

Googleの拠点位置
提供:Google

 ネブラスカ州、オハイオ州、テキサス州、ネバダ州にある既存のデータセンターは年内にフル稼働の状態になるという。

 Googleの最高経営責任者(CEO)であるSundar Pichai氏は公式ブログで、この投資の一部としてオフィスに10億ドル(約1090億円)以上を投資すると述べた。

 Googleは、「Gmail」「YouTube」「Google Cloud」などのサービスを提供するため、データセンター施設を絶えず拡大してきている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]