logo

NEC、大阪で「スマート街路灯」の実証実験--通行者の人数や属性を分析して課題解決へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本電気(NEC)は3月16日、大阪府枚方市と「スマート街路灯の実証実験に関する協定」を締結したと発表した。この協定は、枚方市が行政課題の解決を目指して取り組む公民連携活動の一環として締結。ICTを活用した快適なまちづくりの施策検討や、公共・産業分野でのデータ利活用を見据え、人の通行状況を計測する取り組みを実施するという。

 その第1弾として、ニッペパーク岡東中央において、同社のスマート街路灯を活用した実証を開始する。スマート街路灯には、LED照明・無線機・スピーカー・ネットワークカメラ・LCDサイネージが装備されており、ふれあい通り方向に向けたカメラで撮影した映像をNECソリューションイノベータの性別・年齢自動推定システム「FieldAnalyst」で解析する。


「スマート街路灯」

 これにより、日常の通行者の人数・属性(性別・年代)を分析し、人流データによる来客予測に基づいた小売店のフードロス削減施策などに取り組むという。なお、取得する映像データで個人が特定されることはなく、リアルタイムで自動解析後、映像データは即時に削除されるという。加えて、サイネージやスピーカーを活用した情報発信など、まちづくり施策の仮説検証を枚方市と連携して進める。

 NECでは、今回のスマート街路灯で取得する映像データによる街づくりや公共・産業分野への利活用に関する取り組みを、他の自治体にも提案していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]