logo

「Googleマップ」、地図にない道路などをユーザーが簡単に更新できるように

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年03月15日 09時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Googleマップ」で、地図にない道路を簡単に追加できるようになる。

 Googleは、「線を描いて載っていない道路を追加する、道路の名前を簡単に変更する、道路の進行方向を変える、誤った道路を再調整または削除する。道が封鎖されていれば、日付、理由、方向などの詳細情報とともに、私たちに知らせることも可能だ」と説明している

 メニューボタンをタップして、「地図を編集」「地図に載っていない道路」の順に選択し、新しい情報を追加することができる。

 この機能はいたずらに悪用される恐れがあるが、GoogleはGoogleマップに反映する前に、すべての更新情報を入念に調べるとしている。

 この機能は、既にGoogleマップの道路の更新情報を報告できるようになっている80カ国以上で数カ月中に段階的にリリースされる。

 また、Googleは米国の「Android」ユーザーに、今後1カ月でローカルビジネスについて、新しい写真やレビュー、最新情報でアップデートするよう求める。ユーザーはGoogleマップアプリの「Contribute」タブをタップして「Local Love challenge」に参加し、訪れたことのある地元の店舗などの評価、レビュー、情報を追加できる。

Local Love challenge 提供:Google

 GoogleはこのLocal Love challengeキャンペーンのフィードバックを、将来さらなる国で展開するキャンペーンを実施する上で生かしていくとしている。

 また、Googleマップでより簡単に体験を共有できるようになる。これまで、場所の写真を共有するにはレビューなどを残す必要があった。近く、レビューや評価を残さなくても最近の写真を共有できるようになる予定だ。

 Googleは、「今後数週間のうちに、新しいコンテンツタイプ『photo updates』をGoogleマップでロールアウトする。最近の写真で体験や見所を見つけ、共有するための簡単な手段だ」としている。

 Googleマップのphoto updatesで、「レビューや評価を残す必要はなく、短いテキストの説明を添えて最近のスナップショット」を投稿できるようになる。

 店舗などの写真を表示するには、Googleマップでその場所を表示した際に「Updates」タブを開いて、店舗や他のユーザーが共有した最新の写真を見ることができる。

 写真を追加するための「upload a photo update」ボタンも用意されている。写真を選択し、簡単な説明を添えて投稿する。投稿できる写真の枚数に上限はない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]