NVIDIA、「GeForce RTX 3060」はゲーム用--仮想通貨マイニング効率を低減

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年02月19日 09時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAは米国時間2月18日、次期グラフィックスカード「GeForce RTX 3060」が確実にゲーマーの手に渡るように措置をとることを明らかにした。RTX 3060は仮想通貨「イーサリアム」のマイニングアルゴリズムの属性を検出して、ハッシュレートを約50%制限するという。それにより、このGPUによる仮想通貨のマイニング効率が低下する。

提供:Lori Grunin/CNET
提供:Lori Grunin/CNET

 「GeForce GPUはゲーマーのために設計したものであり、ゲーマーはさらに高い性能を強く求めている。しかし、NVIDIAのGPUはプログラム可能だ。ユーザーは、気候シミュレーション、遺伝子シーケンシング、ディープラーニング、ロボットなど、自分にとって新しいアプリケーションを常に発見している。仮想通貨マイニングはその1つだ」と、NVIDIAのグローバルGeForceマーケティング担当バイスプレジデントを務めるMatt Wuebbling氏は公式ブログで述べた。

 PCゲームや動画編集といった、グラフィックスを多用する処理において重要となるGPUは、ビットコインイーサリアムなどの仮想通貨が最高値を更新する中、在庫を見つけることがますます難しくなっている。仮想通貨マイニングは、複数のGPUを装備するなどした、高性能なコンピューターを使用して実行される。

 しかしNVIDIAは、仮想通貨ファンをまったく無視しているわけではない。同社は、新しいCMP(仮想通貨マイニングプロセッサー)の製品ラインをリリースすることも明らかにした。同社によると、CMPはマイニング用に最適化され、電力効率とエアフローを改善する機能を備えるが、グラフィックス処理は実行しないという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]