マイクロソフト、「Edge」ブラウザーに「キッズモード」を追加へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2021年02月17日 10時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは「Chromium」ベースの「Edge」ブラウザーに新機能を追加することにより、競合製品との差別化を図る取り組みを続けている。同社は米国時間2月16日、そうした新機能の1つとして新たに「キッズモード」を、「Canary」ビルドのテスター向けに提供開始した。

 Canaryのデイリービルドを使用するEdge Insiderの一部のテスターは、16日からキッズモードをテストできる。「Dev」チャンネルにも比較的近い将来、この機能が提供されるはずだ。キッズモードは、Edgeのプロフィール選択画面で起動できる。キッズモードを終了するか、キッズモードで例外を許可するには、デバイスのパスワードが必要になる。

 キッズモードでは、新しいカスタマイズされたテーマが作成され、「子供に適した」コンテンツが「新しいタブ」ページに表示される。追跡防止、「InPrivate」モード、成人向けのテキスト/画像/動画を検索結果から除外する「Bingセーフサーチ」など、プライバシーおよびセキュリティ機能も含まれている。

 キッズモードを使用するのに、子供がMicrosoftアカウントを作成したり、保護者が「ファミリーグループ」を作成したりする必要はないと、筆者は聞いている。また、キッズモードでは、新しいタブページに広告は表示されないようだ。

 キッズモードは現在、「Windows」版と「macOS」版のEdgeで、米国英語のみで提供されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]