TwitterのCEO「ビットコインをインターネットの通貨に」--著名ラッパーと基金を設立

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年02月15日 10時32分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterの最高経営責任者(CEO)を務めるJack Dorsey氏とラッパーのJay-Zは、仮想通貨「ビットコイン(BTC)」を「インターネットの通貨」にしたいと考えている。2人は各自の仮想通貨を出資してその考えを実現させるべく、白紙委任信託として基金を設立してこのミッションに取り組む。

ビットコイン
提供:Angela Lang/CNET

 Dorsey氏は米国時間2月12日のツイートで、同氏とJay-Zが、ビットコインの発展に資金提供する「Btrust」基金に500BTCを寄付するとツイートした。500BTCは本稿掲載時点で約26億円に相当する。Dorsey氏によると、最初に注力する地域はアフリカとインドで、このプロジェクトでは役員3名を募集しているという。同氏とJay Zは、基金の使い道に指示を与えることは一切ないとしており、ビットコインを「インターネットの通貨」にするというミッションだけを掲げている。

 このニュースの数日前、インド政府が仮想通貨を禁止する意向であることや、ナイジェリアで仮想通貨の規制が強化されていることが報じられていた。ナイジェリアでは、同国の通貨に代わって仮想通貨の利用が増えてきている

 1BTCの取引価格は、2020年3月の5000ドル弱から1年足らずで800%超も上昇し、2月12日の時点で約4万7500ドルだった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]