東急バス、移動中の車内でテレワークができる「Satellite Biz Liner」を実証運行

佐藤和也 (編集部)2021年02月09日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東急バスは2月8日、シェアオフィスバス「Satellite Biz Liner」を、2月16日から実証運行すると発表した。

「Satellite Biz Liner」利用イメージ
「Satellite Biz Liner」利用イメージ

 これは、バス車内で仕事をしながら目的地まで過ごす「動くシェアオフィス」をコンセプトとしたもの。車内ではWi-Fiや化粧室、USB充電ポートのほか、膝上でノートPCを置いて作業するのに役立つYogiboのラップトップトレイ「Traybo2.0」のレンタルを用意。快適なテレワーク環境を提供するとしている。このほか、東急が実験中の「DENTO」サービスからチケットを購入した利用者には、運賃の割引や特別価格で購入できるコーヒーのサービスも用意されている。

「Traybo2.0」利用イメージ
「Traybo2.0」利用イメージ

 運行区間は、新羽営業所/市が尾駅/たまプラーザ駅~渋谷駅/東京駅南口。運行期間は2月16日~4月28日の平日のみ。運賃(片道)は、新羽営業所発着の場合、渋谷駅は1000円、東京駅南口は1400円。市が尾駅発着の場合、渋谷駅は1200円、東京駅南口は1600円。たまプラーザ駅発着の場合、渋谷駅は1900円、東京駅南口は2300円。

運行ダイヤ
運行ダイヤ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]