世界タブレット市場、第4四半期は19.5%増、2020年は13.6%増--在宅勤務などで需要復活

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDCは、世界タブレット市場に関する調査結果の速報値を発表した。2020年第4四半期の出荷台数は5220万台で、前年同期の4360万台から19.5%増えた。2020年通期の出荷台数は1億6410万台で、前年の1億4450万台に比べ13.6%増。

 大幅な増加の要因として、IDCは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で在宅勤務(WFH)や自宅オンライン学習をする人が増え、消費者や教育の分野でタブレットに対する需要が復活したから、と指摘した。

 タブレットのタイプ別だと、生産性の高さ、柔軟性の高さ、使い勝手の良さが広く知られるようになったデタッチャブル型は、ノートPCと競合する場面が多く好調だった。さらに、PCの供給不足も影響し、第4四半期の出荷台数は前年同期比27.9%増。一方、スレート型は同13.7%増。こちらについては、エンターテインメント目的で購入した消費者が多かったという。

出荷台数ベース種類別シェアの推移(出典:IDC)
出荷台数ベース種類別シェアの推移(出典:IDC)

 ただし、今後の状況については、ノートPCとスマートフォンとの競争にさらされるため、この好調は長続きしないと予想している。

 2020年第4四半期における出荷台数の上位5ベンダーなどは以下のとおり。括弧内は、いずれも前年同期の数値と前年同期比。

1位:Apple

  • 出荷台数:1900万台(1590万台、+19.5%)
  • 市場シェア:36.5%(36.5%)

2位:サムスン電子

  • 出荷台数:1010万台(700万台、+44.9%)
  • 市場シェア:19.4%(16.0%)

3位:Lenovo(レノボ)

  • 出荷台数:560万台(250万台、+120.6%)
  • 市場シェア:10.7%(5.8%)

4位:Amazon.com

  • 出荷台数:360万台(330万台、+7.6%)
  • 市場シェア:6.8%(7.6%)

5位:Huawei Technologies(ファーウェイ)

  • 出荷台数:330万台(440万台、-25.7%)
  • 市場シェア:6.3%(10.1%)

その他

  • 出荷台数:1060万台(1050万台、+1.3%)
  • 市場シェア:20.4%(24.1%)

合計

  • 出荷台数:5220万台(4360万台、+19.5%)

2020年第4四半期の出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
2020年第4四半期の出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
2020年第4四半期の出荷台数ベース市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)
2020年第4四半期の出荷台数ベース市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)

 2020年通期における出荷台数の上位5ベンダーなどは以下のとおり。括弧内は、いずれも前年の数値と前年比。

1位:Apple

  • 出荷台数:5320万台(4990万台、+6.7%)
  • 市場シェア:32.5%(34.6%)

2位:サムスン

  • 出荷台数:3130万台(2170万台、+44.4%)
  • 市場シェア:19.1%(15.0%)

3位:ファーウェイ

  • 出荷台数:1600万台(1480万台、+8.5%)
  • 市場シェア:9.8%(10.2%)

4位:レノボ

  • 出荷台数:1410万台(850万台、+66.4%)
  • 市場シェア:8.6%(5.9%)

5位:Amazon.com

  • 出荷台数:1400万台(1300万台、+7.5%)
  • 市場シェア:8.5%(9.0%)

その他

  • 出荷台数:3550万台(3670万台、-3.2%)
  • 市場シェア:21.6%(25.4%)

合計

  • 出荷台数:1億6410万台(1億4450万台、+13.6%)

2020年通期の出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
2020年通期の出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)
2020年通期の出荷台数ベース市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)
2020年通期の出荷台数ベース市場シェア(出典:IDCの公表データをグラフ化)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]