ウェブプラットフォームのドキュメンテーションを支援する「Open Web Docs」立ち上げ--MSやグーグルら

Catalin Cimpanu (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年01月26日 11時34分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 複数のテクノロジー企業が米国時間1月25日、共同で「Open Web Docs」を設立したことを明らかにした。Open Web Docsは、Web APIやJavaScript、さまざまなウェブツールやプラットフォームに関連したドキュメントの作成などを支援する新たなイニシアチブだ。高品質で、ブラウザーに依存しない、コミュニティー主導のウェブ開発者ドキュメンテーションを持続的に支援していくという。

Open Web Docs

 この新しいプロジェクトは、Mozillaが運営しているウェブサイト「MDN Web Docs」に代わるものではない。ウェブブラウザーメーカー各社は2017年10月、Web APIなどに関するドキュメントをMDN Web Docsに集積することで合意していた。

 Open Web Docsのチームは26日に公開したプレスリリースとFAQで、既存のプラットフォームと緊密に連携し、MDN Web Docsに貢献していくとしている。

 Mozillaは2020年夏、従業員250人を解雇している。MDN Web Docsのスタッフも対象となったとみられる。

 Open Web Docsは、MDN Web Docsなどの事実上の業界標準で長期的なウェブプラットフォームのドキュメンテーションの健全性を保証するために立ち上げられ、特にこのプロジェクトの役割について、「どの単一のベンダーや組織からも独立して」機能すると説明している。

 Open Web Docsの創設メンバーには、World Wide Web Consortium(W3C)、Google、MicrosoftMozilla、サムスン、オープンソースコンサルタント企業のIgalia、ウェブ収益化プラットフォームを手がけるCoil Technologiesなどが名を連ねている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]