アップル、高性能で高価なVRヘッドセットを2022年に発売か

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年01月22日 07時50分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple初の仮想現実(VR)ヘッドセットは、高性能プロセッサー、高解像度ディスプレイ、ファンを搭載し、かなり高価なものになると報じられている。このVRヘッドセットはニッチな製品となる見込みで、競合他社が提供する300~900ドルのヘッドセットよりも「はるかに高額」になる可能性があると、Bloombergが米国時間1月21日に伝えた。

iPhone
提供:Angela Lang/CNET

 Appleはかなり以前から、VR製品を発売すると予想されてきた。厚みのあるゴーグルを装着すると、デジタル的に作成された世界に瞬間移動できるというものだ。Appleは2020年5月に、スポーツの試合をVR配信するNextVRを買収した。この買収は、同社がVRヘッドセットを発表する日が近づいていることを、またしても示唆する動きだった。AppleがVRヘッドセットを発表すれば、それは同社にとって、2014年の「Apple Watch」以来の主要な新製品カテゴリーとなる。

 Bloombergによると、AppleのVRヘッドセットのプロトタイプには、一部の拡張現実(AR)機能に対応するための外部カメラが含まれている。ARとは、コンピューターで生成された画像を現実世界に重ね合わせる技術のことだ。この製品が実現すれば、より主流の製品となるARメガネの礎石となる可能性があるという。

 Appleは、このVRヘッドセットを早ければ2022年に発売する計画だとされている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]