logo

「Googleフォト」、写真を自動で3D風にする新機能--思い出を鮮明に

Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年12月16日 13時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月15日、スマートフォンに保存された写真から3Dアニメーションを作成し、思い出をよみがえらせる新機能を「Googleフォト」に追加すると発表した。この「Cinematic photos」機能は今後1カ月かけて提供される予定で、写真に人工的に奥行きと動きを与えるものとなっている。

Cinematic photos サンプル1
Googleの「Cinematic photos」は機械学習を利用して古い写真に奥行きを加える。
提供:Google

 GoogleフォトのプロダクトマネージャーであるJamio Aspinall氏は「この機能のため、われわれは機械学習を利用して写真の深度を推測し、3D版の画像を生成する。元の画像に深度の情報がない場合もだ」と説明する。「その後、仮想カメラを動かす。映画から出てきたかのような滑らかなパン効果を与えるためだ」

Cinematic photos サンプル2
「Cinematic photos」は写真一覧の最上部に表示される予定だという。
提供:Google

 Googleフォトのアプリを今後提供される最新版にアップデートすると、画像一覧の最上部にある「最近のハイライト」に3Dバージョンの画像が表示されるという。3D画像はショートビデオクリップとして友人や家族と共有できる。

 さらに、画像を自動で整理してくれる「思い出」機能では、大切な人や特定のアクティビティーといったカテゴリーの写真が表示されるようになる。特定の人物が写った写真や、特定の期間に撮った写真を「思い出」に表示したくない場合は、そのように設定することが以前から可能となっている。

 Aspinall氏はCinematic photosについて、まだ改良中だとしているため、今後数カ月の間に何らかの変更があるかもしれない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]