グーグルのAI倫理学者、1通のメールを理由に解雇されたとツイート

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年12月04日 08時09分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleのEthical Artificial Intelligence(倫理的人工知能)チームの共同リーダーを務めるTimnit Gebru氏は米国時間12月2日夜、同僚らに送信した電子メールを理由に突然解雇されたことを明らかにした。

Googleの社屋
提供:Richard Nieva/CNET

 Gebru氏は著名な人工知能(AI)研究者で、顔認識におけるバイアス(偏見、先入観)の危険性について研究し、ハイテク業界における多様性の欠如を公に指摘している。

 同氏は2日夜の一連のツイートで、Googleの社内メーリングリストであるGoogle Brain Women and Alliesに送信したメッセージを理由に解雇されたと述べた。そのメールを送信した後、そのメッセージが「Googleのあるマネージャーの期待にそぐわないものだった」というメモを、上司から渡されたという。

 Gebru氏は、そのメーリングリストに送信した最初のメールの内容を公開していないが、Platformerはそのメールを公開し、その内容が、Googleによる多様性、公平性、包括性の取り組みが無責任だと批判するものだったと報じている。Gebru氏はメールの中で、「したがって状況を変えたいのであれば、リーダーシップの責任に着目し、外部からも何らかの圧力をかけられるかについて検討することを提案する」と記している。

 Gebru氏はTwitterで、研究論文をめぐる意見の相違について上司にメールを送った後に、対立が生じたことを明らかにした。同氏によると、自身は辞表を出していないにもかかわらず、上司がGebru氏の直属の部下らに対し、「彼女の辞表を受け取った」というメールを送信したという。その後、自分の企業メールアカウントが停止されたとしている。

 米CNETはGebru氏とGoogleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]