logo

スクエニ、在宅勤務を正式制度化--ハイブリッド体制で柔軟な働き方と業務管理を両立

佐藤和也 (編集部)2020年11月25日 15時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックスは11月25日、現在運用している在宅勤務の態勢について、12月1日から正式に制度化すると発表した。役員ならびに全職種の社員を対象として運用を開始する。

 この制度は、今般の感染症対策のみにとどまらない恒久的な制度として、同社の就業体系の中心に位置づけるもの。これにより柔軟かつ多様な就労環境を実現し、さらなる生産性の向上およびワークライフバランスの最適化を目指すという。

在宅勤務中の一例(サウンド担当およびグラフィック担当)
在宅勤務中の一例(サウンド担当およびグラフィック担当)

 運用では、平均週3日以上在宅で勤務する「ホームベース」と、平均週3日以上出勤する「オフィスベース」の2方式を併用。原則として全対象者をホームベースとしたうえで、業務上の必要性を鑑み、特にオフィスベースでの勤務を必要とする業務および個別の社員を部門長が指定する。ベースは業務の繁忙に合わせて1カ月単位で変更可とするが、導入初月の12月は、ホームベースの社員が約8割となる予定という。

 同社では、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、2月から在宅勤務や時差通勤、会議オンライン化などの各種措置を段階的に実施。6月に行った意識調査では、在宅勤務に対し、全社員の約8割から肯定的な評価が寄せられたという。在宅勤務やオフィス勤務を一律に規定するのではなく、1カ月という短期間で継続的に見直しを計ることで、業務を実行する立場と管理する立場の双方にとって、納得度の高い設計にしたとしている。

 なお、スクウェア・エニックス・ホールディングスならびにLuminous Productionsでも、12月1日から運用を開始するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]