point0、全室個室のサテライトオフィス「ONS」を2021年4月に大阪に開設へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 point0は11月24日、個人ワークを対象にした全室個室を基本とするサテライトオフィス「point 0 satellite」において、阪急阪神不動産と連携した「ONS powered by point 0」を、2021年4月に大阪の千里地区に開設すると発表した。

「ONS powered by point 0」
「ONS powered by point 0」のイメージ

 ONS powered by point 0は、個人ワークに適した全室個室(原則1人用の個室)のオフィスを設けることを基本としており、オフィスワーカーにメインオフィスや自宅以外の場で働くことができる環境を提供するものになるという。東京・丸の内にある会員型コワーキングスペース「point 0 marunouchi」の参画企業18社が生み出すソリューションを組み合わせることにより、オフィス環境や運営を通じて得たノウハウを提供する。

 具体的には、ストリーマ除菌ユニット(ダイキン工業)、人間工学に基づいた設計で働く姿勢をサポートする家具(オカムラ)、照明ソリューション(パナソニック)、空間に溶け込むデザイン性・設置柔軟性を併せ持つスピーカー(TOA)、生ビールを中心とした酒類(アサヒビール)、空間のデザインやサウンドに合わせた香り(ライオン)、ユーザーを識別できる認証印刷(セイコーエプソン)などが提供される。また、丹青社では、24時間365日受付可能なコールセンターと連携して、緊急メンテナンスを提供するという。

 この事業は、阪急阪神不動産のオフィス賃貸事業の新たなサービスメニューの1つとして、従来の事業を補完するものと位置付けられているという。なお、ONS powered by point 0の内装設計は、参画企業であるオカムラと丹青社がデザインチームを組成して担当するとのこと。

 まずは、2021年4月に第1号となる拠点を千里地区に開設する(阪急千里中央ビル内を予定)。2021年度中には、神戸三宮、京都河原町といった阪急・阪神沿線のターミナル駅への開設を予定。そのほかの中間主要駅周辺への展開も検討しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]