logo

「iPhone 12 Pro Max」カメラの実力--カメラマンが海岸ハイキングの旅で撮ってみた - (page 4)

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年11月19日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 望遠レンズを使うと、遠距離からは気づけないような細部まで捉えることができる。遠方に見える岩場も、岩と木々のディテールがよく分かる。

figure_26
提供:James Martin/CNET

 65mm望遠カメラといえど、キヤノンの70~200mmレンズのようなデジタル一眼レフ用ポートレートレンズには及ぶべくもない。それでも、ズームインはポートレート撮影に適しているし、スマートフォンで予想されるよりは従来のポートレート写真の焦点距離に近い感じで使える。

figure_27
提供:James Martin/CNET

 Appleの新しい処理技術、「Smart HDR 3」と少し前から登場した「Deep Fusion」は、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxのどちらでも、背面カメラ3つと前面カメラのすべてに採用されており、これがAppleのカメラ成功の大きな要因になっている。

 Deep Fusionは、高度な機械学習によって写真をピクセル単位で処理し、大きな効果を出す。前面カメラのポートレートモードで撮影した下のセルフィー写真でも、超微細なディテールが再現され、ノイズが大幅に除去されているのが分かる。バックパックのストラップの素材も見分けられるし、バンダナの細かな繊維まで忠実に再現されている。

figure_28
提供:James Martin/CNET

 Deep FusionとSmart HDR 3によるピクセル単位の処理が、画像の幅広いトーンでディテールを見事に引き出しているのは、下の写真でもっとよく分かる。Smart HDR 3の機能で、明るい夕陽と、前景の岩や鳥の影のディテールがどちらも見事に描き出されている。波が崩れるときのしぶきも、きめ細かく鮮明に写っている。

figure_29
提供:James Martin/CNET

 この写真では、色調の範囲が広い背景も、波のディテールも正確に描写されており、鮮やかな青空の露出も適正だ。

figure_30
提供:James Martin/CNET

 次の写真では、Smart HDR 3が美しい日没を実物に近いホワイトバランスで再現している。海面の泡も、前景から遠景の波打ち際まで、鮮明できめ細かいディテールを保っている。

figure_31
提供:James Martin/CNET

待たれる「ProRAW」

 iPhone 12 Pro Maxは、写真撮影の旅にぴったりのカメラだと言っていい。ロスト海岸のような孤絶した自然のなかで、これほどコンパクトで高性能なカメラを持ち歩けるというのは、とてつもない福音だ。Appleの「ProRAW」ファイル形式は、2020年内に利用できるようになる予定だが、強力な後処理機能と組み合わせれば、ハードウェアとソフトウェアが一体となった大きなメリットを存分に味わえるようになるはずだ。

figure_32
提供:James Martin/CNET

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]