logo

「iPhone 12 Pro Max」カメラの実力--カメラマンが海岸ハイキングの旅で撮ってみた - (page 3)

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年11月19日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone 12 Pro Maxでもうひとつ際立っている差は、写真全体のボケ、つまり被写体はシャープに捉えて背景はぼかすという選択的なフォーカスだ。

 焦点の合う面積の広さと、焦点から外れてボケが生じる面積の広さは、センサーのサイズによって決まる(他の条件がすべて等しい場合)。言い換えれば、センサーが大きいほど、絞り値を小さくしたときのボケも大きくなるということだ。

 その効果は、ほぼどんな写真にも表れる。ボケを生かすと、スマートフォンで撮影したとは思えないほど、写真のでき映えがプロっぽくなる。次の写真は、前景の岩に近づいたうえで、遠方に焦点を当てて撮影している。

figure_17
提供:James Martin/CNET

 センサーが大きくなると、取り入れられるデータも多くなる。つまり、光量が多く、ディテールが細かく、ノイズが低く、ボケがより美しい写真になるということだ。

 しかもiPhone 12 Pro Maxは、iPhone 12 Proの1.4umに対して1.7umと、ピクセルサイズも大きくなっている。ピクセルサイズが大きくなった広角カメラでは、前景から中景、遠景の海岸まで、入り組んだ模様や微細な質感が再現され、驚異的なディテールを得ることができる。

 次のアワビの貝殻の写真で、右側の模様に注目してほしい。かすかに煌めく色合いも、その周囲の石に見えるディテールも、圧倒的だ。

figure_18
提供:James Martin/CNET

 下の写真は、焦平面が狭く、質感とディテールが細かい。これも、センサーが大きい広角レンズの威力だ。

figure_19
提供:James Martin/CNET

ズーム性能

 iPhone 12 Pro Maxの望遠レンズは65mm相当となった。iPhone 12 Proは52mm相当、光学2倍に対してiPhone 12 Pro Maxは光学2.5倍ということになる。したがって、iPhone 12 Pro Maxのカメラの焦点距離は13mmから65mmまでをカバーする。

 広い範囲の海岸風景は広角写真向きだが、2.5倍ズームでは、道すがら出くわす場面で被写体の特定のディテールを際立たせることができる。

figure_22
ロスト海岸の最北端に到達
提供:James Martin/CNET

 プロの写真家は、カメラレンズの重要性を分かっているので、高品質なレンズには当たり前のように10万円以上を費やす。だからこそ、iPhone 12 Pro Maxでカメラ性能がここまで向上し、65mm相当レンズが搭載されたことを考えれば、iPhone 12 Proより100ドル(1万1000円)高くても、その価値があることになるのだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]