logo

「Googleフォト」、無制限の無料ストレージを2021年5月末で終了へ

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年11月12日 10時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは「Googleフォト」で写真や動画を無料で無制限に保存できるサービスを終了すると、米国時間11月11日のブログ記事で発表した。2021年6月1日以降、新たにアップロードした写真や動画は、すべてのGoogleアカウントに無料で提供されている15GBのストレージ容量にカウントされる。これまで無制限だった高画質の写真や動画も容量にカウントされることになる。

 ただし、その日よりも前にアップロード済みの写真や動画は影響を受けないほか、Googleの「Pixel」シリーズのスマートフォンについては、6月1日以降も無制限でのアップロードが可能としている。

Googleフォト
提供:Sarah Tew/CNET

 これは、Googleのストレージサブスクリプションサービス「Google One」に登録するようユーザーを促すための動きだ。Google Oneは、月額2ドル(日本では250円)のプランから提供されている。このプランでは、100GBのストレージに加えて「Googleストア」での割引などの特典が利用できる。

 期限の前に、既存の写真や動画をGoogleフォトにバックアップしておくとよいだろう。それらは無料で、ストレージ容量にカウントされないためだ。「フォト」アプリの「設定」 > 「バックアップと同期」で、バックアップ品質を確認することができる。

 ポリシーが改訂された後も、Googleフォトの現行ユーザーの80%以上は、15GBの無料容量でおよそ3年間はコンテンツを保存し続けられる見込みだという。15GBの上限に近づくと、アプリ内や電子メールで通知される。写真や動画をバックアップする頻度に基づいて、無料容量があとどれだけ持つかを推定する機能も提供されている。

 ブログによると、4兆枚を超える写真がGoogleフォトに保存されており、毎週280億件の写真と動画が新たにアップロードされるという。Googleは2020年6月に同アプリを刷新し、マップビューと、写真を整理するための3つのタブを追加した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]