logo

グーグルのFitbit買収、2021年に先送りの可能性

Larry Dignan (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 合原弘子 (ガリレオ)2020年11月06日 11時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年11月に発表されていたGoogleによるFitbit買収は、2021年に持ち越される可能性がある。

 Fitbitが第3四半期決算発表の中で、以下のように明らかにした。

 買収に関しては、規制当局による調査が進められている。欧州委員会は2020年8月4日、買収に関する第2段階(Phase II)の調査を開始したと発表した。第2段階の調査がいつまで行われるかについては、確実性を持って予想できない。FitbitとGoogleが必要な承認を得て、2020年中に買収を完了するとわれわれはまだ期待しているが、それ以降になる可能性がある。また、こうした承認を得る時期に関して、新型コロナウイルス感染症がどの程度影響するかは不確実であり、予測できない。買収を完了するまで、規制プロセスに関する追加の最新情報は、今後の四半期決算発表時のみに提供する予定だ。

 今のところ、Fitbitは自社の位置をかなりよく守っている。デバイスの販売台数は330万台で、平均販売価格は前年比8%増の104ドルとなっている。また、「Fitbit Charge 4」「Fitbit Sense」「Fitbit Versa 3」「Fitbit Inspire 2」などの新デバイスは、売上高の52%を占めた。

 それでもFitbitは同四半期、5450万ドル(1株当たり20セント)の純損失を計上した。売上高は3億6390万ドル、非GAAPベースの1株当たり損失は3セントだった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]