logo

最新のフードテック・レストランテックを導入した「ラーメンWalkerキッチン」 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新テクノロジーのショールーム的な役割も

 フードテックやレストランテックなど、最新テクノロジーのショールーム的な役割も担う。例えば1度単位で温度を管理できるだけでなく、食材内部の温度も計測しながら、熱風と水蒸気を用いて調理ができるスチームコンベクションオーブンや、チャーシューを低温調理する際などに役立つ真空包装機なども設置している。

フードテック・レストランテック機器なども導入している
フードテック・レストランテック機器なども導入している
熱風と水蒸気を用いて調理ができるスチームコンベクションオーブン
熱風と水蒸気を用いて調理ができるスチームコンベクションオーブン
チャーシューの味をしみ込ませるために使ったり、低温調理用に使ったりする真空包装機
チャーシューの味をしみ込ませるために使ったり、低温調理用に使ったりする真空包装機
パソコン経由で簡単に内容を更新できるタッチパネル式券売機
パソコン経由で簡単に内容を更新できるタッチパネル式券売機

 そのほか、PCでデータを手軽に更新できるタッチパネル式券売機や、人気ラーメン店の多くに導入されている「パイウォーター」浄水器なども導入している。

 角川アスキー総合研究所 取締役 新規ビジネス開発部 部長の吉川栄治氏は「スチームコンベクションオーブンはラーメン店の多くの店主に注目されている機器だが、高価なためなかなか導入できないというお店も多いので、ラーメン店主の方に最新の機器を試していただきたい」と語る。

 「ラーメン店の店主は個人事業主の方も多く、機器メーカーが一人ひとりに当たるのは難しい。当社がハブになることで、いろいろなラーメン店に一気に紹介することもできる。今後いろいろ機器が出てくると思うが、メーカーには実証実験の場として使っていただき、ラーメン店の方には『ここに来ればなにか新しいものがある』みたいに、面白いことをやっているようなイメージを作っていきたい」(加藤氏)

 角川アスキー総合研究所 代表取締役社長の加瀬典子氏は「(ラーメンWalkerキッチンのある)サクラタウンは、2030年までに世界の誰一人も取り残さずいい社会を作ろうという『SDGs(持続可能な開発目標)』の拠点でもある」と語った。

角川アスキー総合研究所 代表取締役社長の加瀬典子氏
角川アスキー総合研究所 代表取締役社長の加瀬典子氏

 「これまでは雑誌やテレビ、Webのメディアで皆さんに発信する側だったが、こういった場を提供できることで双方向になるし、食に携わることで野菜や粉、水、魚介などの原材料から消費者の口に届くまで、すべての関係者とよりハッピーな時間を持ちたい。ただ食べておいしいだけではなくて、社会的な貢献の一端を担えればと思っている」(加瀬社長)

ラーメンWalkerキッチンの厨房の様子
ラーメンWalkerキッチンの厨房の様子
グランドオープンに登場した「麺や 七彩」の「喜多方ラーメン 醤油」(1200円)
グランドオープンに登場した「麺や 七彩」の「喜多方ラーメン 醤油」(1200円)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]