logo

LINE Pay、Apple Payで使えるVisaバーチャルプリカ発行へ--JCBプリカは新規発行停止

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINE Payは10月30日、三井住友カードと戦略的な提携関係を推進すると発表した。タッチ決済に対応したバーチャルプリペイドカードの発行や、アプリ連携、加盟店連携など多岐にわたる。

 
 

 まず、Visaブランドのバーチャルプリペイドカード「Visa LINE Payプリペイドカード」を12月からLINEアプリ上で発行を開始。タッチ決済「iD」をサポートしており、「Apple Pay」や「Google Pay」でも利用可能になるという。こちらも12月より順次対応を予定している。

 また、すでに提供を開始している「Visa LINE Payクレジットカード」のみに限定されている、クレジットカードから支払いできる「チャージ&ペイ」機能を、三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードでも2021年春に対応。さらに、三井住友カード会員でもLINEの利用通知を順次開始する。

 
 

 三井住友カードアプリ「Vpass」とも連携。同社会員は、LINE上でクレジットカードの各種手続きや設定が可能になるほか、LINE公式アカウントからのチャットボットによる問い合わせにも対応。三井住友カード会員が「LINE」の各種サービスを利用した際、通常よりも上乗せしたVポイント還元を実施する。

 加盟店向けには、三井住友カード加盟店への「LINE Pay」導入を推進。LINEと三井住友カードの「stera」の機能を活用した加盟店向けサービスの利便性向上を図る。「stera terminal」へのLINE PayのQRコード決済導入を拡大し、加盟店が一元的に各種決済に対応できるようになるほか、両社の保有するデータを活用した、新たなサービス・マーケティングソリューションの検討などを挙げている。

 
 

LINE Payカードは新規発行停止

 Visaバーチャルプリペイドカードの発行にともない、これまで発行してきたリアルカード「LINE Payカード」の新規発行を停止する。同カードは、JCBブランドのプリペイドカードで、LINE Payの残高をJCB加盟店で使うことができる。なお、発行は停止するものの、カードの有効期限内であれば問題なく利用できるという。

キャプション
JCBブランドのプリペイドカード「LINE Payカード」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]