「ラブライブ!」ニジガクオンラインライブで見た“新たな可能性を切り開くステージ” - (page 2)

佐藤和也 (編集部)2020年10月03日 19時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メンバーたちが会話する幕間アニメーションの上映を経て登場したのは、村上さんと久保田さんの2人組ユニット「DiverDiva」。ミラーボールにレーザー光線といった演出とともに、セクシーなダンスやラップを織り交ぜながら「SUPER NOVA」を披露したのに続き、「Love Triangle」では、ハートマークを指で作る振り付けを交えつつ、画面越しのファンを魅了するかのように歌っていた。

DiverDivaのステージ
DiverDivaのステージ

 田中さんが披露した「アナログハート」では、スクリーンに映し出された璃奈が、「璃奈ちゃんボード」を使わずに顔を出して歌うというサプライズの一幕も。スクスタのキズナエピソードには璃奈がオンラインライブを行う姿が描かれており、奇しくも同じ状況となったこのステージでは、キュート系スクールアイドルの璃奈そのものと感じられる田中さんのパフォーマンスも相まって、キズナエピソードを追体験していると思えるものとなっていた。

「アナログハート」
「アナログハート」
田中ちえ美さん(天王寺璃奈役)
田中ちえ美さん(天王寺璃奈役)

 大西さんは「Say Good-Bye 涙」をアップテンポな曲調にあわせて軽快に歌い、さらに間奏時にはカメラに向かってメッセージを語る。のちのトークで大西さん自らコメント内容を考えたとのこと。真心系スクールアイドルの歩夢が成長して見せる新たな一面や気持ちを、歌とメッセージで届けていた。

「Say Good-Bye 涙」
「Say Good-Bye 涙」
大西亜玖璃さん(上原歩夢役)
大西亜玖璃さん(上原歩夢役)

 前田さんは、台本を手にして朗読からから始まり、劇場の幕が上がる映像演出とともに「やがてひとつの物語」を披露。要所要所にセリフが入るミュージカル風の楽曲を、演技派系スクールアイドルしずくの“大女優”感があふれるような表現で、曲の世界観に入り込むようなステージとなっていた。

「やがてひとつの物語」
「やがてひとつの物語」
前田佳織里さん(桜坂しずく役)
前田佳織里さん(桜坂しずく役)

 ここで相良さん、鬼頭さん、指出さん、田中さんによる4人組ユニット「QU4RTZ」が登場。「Sing & Smile!!」は、4人が響かせるハーモニーも特徴的な楽曲で、スタンドマイクやブランコといったセットが用意されたほか、4人を同時に映し出すカットをはじめ、映像演出も華やかなものに。また「Beautiful Moonlight」はシックな雰囲気の曲調に、ドレス風の衣装や4人のダンスも相まって、大人の雰囲気を醸し出すステージとなっていた。

QU4RTZのステージ
QU4RTZのステージ

 楠木さんは「LIKE IT!LOVE IT!」を、パワフルな歌声で熱唱。さらには、メガホンを手にしながらのパフォーマンスも。本気系スクールアイドルのせつ菜が描くみんなの大好きを誰も否定しない世界を呼びかけるように、そしてせつ菜自身の大好きも伝えるように歌っていた。

「LIKE IT!LOVE IT!」
「LIKE IT!LOVE IT!」
楠木ともりさん(優木せつ菜役)
楠木ともりさん(優木せつ菜役)

 村上さんは、ダンサーと一緒に「楽しいの天才」を披露。終始動きっぱなしと思えるぐらいのダンスでも、ラップを交えつつ笑顔で歌いきる村上さんがナンパないと思えるステージが展開。スマイル系スクールアイドルの愛が目指す、見ているこちら側が楽しい気分になれるステージを作り上げていた。

「楽しいの天才」
「楽しいの天才」
村上奈津実さん(宮下 愛役)
村上奈津実さん(宮下 愛役)

 相良さんは「Margaret」を披露。小悪魔系スクールアイドルかすみによる“アンニュイ・かすみん☆”と表現できるような、ゆったりとした曲調のなかで、奥底に秘めた素顔のかすみが現れるようなステージとなっていた。曲の途中では、お花をカメラの向こうにいる“あなた”に向けてプレゼントする一幕も。

「Margaret」
「Margaret」
相良茉優さん(中須かすみ役)
相良茉優さん(中須かすみ役)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]