logo

Twitterに集団訴訟--電話番号がターゲティング広告に不正利用された可能性

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2020年09月23日 12時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは、ユーザーの電話番号を同意なく広告に利用できるようにしたとして、集団訴訟を提起された。米国時間9月21日にワシントン州西部地区連邦地方裁判所に提出された訴状では、プライバシーに関してTwitterによる過失の影響を受けた同州の全ユーザーに、損害賠償として1人あたり5000ドル(約53万円)を支払うよう求めている。

Twitter
提供:James Martin/CNET

 訴状では、Twitterが通話記録の無許可での入手または販売を禁じるワシントン州の法律に違反し、プライバシーをめぐるユーザーの人権を侵害したと主張している。その上で、Twitterはユーザーに与えた「精神的苦痛と損害」に対して補償すべきだとして、最大で総額500万ドル(約5億2500万円)を支払うよう求めている。

 Twitterはコメントを控えた。

 広告主らは多くの場合、電話番号を利用してユーザーのオンライン上のIDとオフラインでの活動をひもづけている。Twitterは、同社の広告ネットワーク「テイラードオーディエンス」を通じてこの種の広告ターゲティングを許可しているが、2019年10月、2要素認証などセキュリティ上の目的で提供された電話番号がターゲティングに利用された可能性があることを明らかにした。Twitterはその際、「これはTwitterの手違いであり、お詫びいたします」としていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]