logo

YouTube、最大15秒の短編動画サービス「Shorts」を提供開始

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年09月15日 09時14分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeが人気のショート動画サービスに参入する。同社は米国時間9月14日、「Shorts」という新フォーマットの提供を開始すると公式ブログで発表した。

Shorts
提供:YouTube

 同社はShortsについて、「スマートフォンだけで短いキャッチーな動画を撮影したいクリエイターやアーテイストが、YouTubeで直接利用できる新しいショートフォーマットの動画体験」と説明している。動画の長さは最大15秒までに制限される。「TikTok」では60秒の動画を作成でき、Instagramの「Reels」は最大15秒までとなっている。TikTokやReelsと同様に、Shortsでも動画に音楽を追加することが可能で、複数の動画を一緒に編集するためのツールや、速度調整、ハンズフリーでの録画のためのタイマーとカウントダウンの機能もある。

 この新フォーマットは、「Android」搭載スマートフォンを対象にインドで「数日のうちに」提供開始される。YouTubeの製品管理担当バイスプレジデントであるChris Jaffe氏は発表の中で、「iOSデバイスや他の国にも近いうちに徐々に拡大していく」とした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]