logo

JALとNEC、新たな旅行体験で協業--第1弾は記念撮影が楽しめるサイネージ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空(JAL)と日本電気(NEC)は9月4日、デジタル技術を活用したNew Normal時代の安全で安心な旅の実現に向けた協業を開始したと発表した。

 今回、NECが2019年1月から南紀白浜エアポートなどと南紀白浜で行っている「IoTおもてなしサービス実証」にJALが参画。映像分析や生体認証を活用した実証実験を実施する。

 実証実験の第1弾は、ディスプレイの前に立つと記念撮影が楽しめるサイネージを搭乗待合室に設置する(9月4日〜)。笑顔を採点する機能もあり、点数に応じて変化するオリジナルのフォトフレームを採用。また、「IoTおもてなしサービス実証」の登録者は、顔認証システムにより、登録しているメールアドレス宛に写真データが送信できる。

手荷物待ち時間可視化サイネージ
手荷物待ち時間可視化サイネージ

 第2弾は、手荷物待ち時間可視化サイネージを10月末〜(予定)実施する。手荷物受取所に設置した液晶ディスプレイのカメラで個人を認証。「IoTおもてなしサービス実証」に登録しているJALマイレージバンク会員のステイタス情報に基づき、預かった手荷物の返却予定時刻をアニメーションでわかりやすく案内する(事前に顔登録・本人同意が必要)。

 第3弾として、羽田空港初の顔認証による手ぶら決済を10月末〜(予定)実施する。これにより、南紀白浜地区で実施している顔認証によるキャッシュレス決済を羽田空港でも利用できるようになる。

羽田空港でも手ぶら決済
羽田空港でも手ぶら決済

 JALUXエアポートが運営する空港店舗「BLUE SKY」の22番ゲートショップにて、「IoTおもてなしサービス実証」に登録している決済情報を利用し、搭乗前に顔認証による買い物が可能。羽田空港での顔認証決済は初めての取り組みになるという。

笑顔写真撮影サイネージ
笑顔写真撮影サイネージ

 なお、JALは、同取り組みにより、待ち時間を感じさせないストレスフリーな旅行体験の提供を、NECは生体認証データを活用した安全で快適な旅行体験の実現を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]