logo

ウォンテッドリー、Slack連携のコンディション・マネジメント「Pulse」ベータ版を公開

佐藤和也 (編集部)2020年08月25日 15時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウォンテッドリーは8月25日、エンゲージメント領域の新事業として提供しているコンディション・マネジメントサービス「Pulse」について、ビジネスSNS「Wantedly」の有料プラン利用企業を対象に、申し込みと追加料金不要のベータ版としてリリースした。

「Pulse」ベータ版
「Pulse」ベータ版

 Pulseとは、Slack上から会社の行動指針であるバリューを体現しているメンバーへ称賛を送ることで、バリュー浸透を促進できる「さすが!」機能や、週次で5段階評価で仕事の調子を管理できる「調子どう?」機能、バリューの浸透状況やメンバーの調子がひと目で分かる管理画面からなる、コンディション・マネジメントサービス。これまで一部企業を対象にアルファ版として提供されていた。

 アルファ版からは管理画面を一新し、追加したチーム設定機能で数百人規模の企業でも利用しやすくなった。また調子どう?機能にアップデートを加え、メンバーの調子に関してより深く理解することが可能になったとしている。

「調子どう?」機能のアップデート
「調子どう?」機能のアップデート

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]