logo

ウォンテッドリー、Slackを活用したチームマネジメントツール「Pulse」をリリース

佐藤和也 (編集部)2020年06月02日 12時47分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは6月2日、チームマネジメントツール「Pulse」を発表。同日からα版をリリースした。Wantedly有料プラン利用企業を対象とし、α版では追加費用なく利用が可能。ただし、利用には申込みが必要となっている。

 Pulseは、同社のエンゲージメント領域における新事業で、従業員特典サービス「Wantedly Perk」、社内報機能「Internal Story」に続く第3弾となるもの。テレワーク環境下においても自社メンバーへのバリュー浸透やコンディション管理を、Slack上から行うことができるチームマネジメントツール。「Wantedly Slack App」上で提供される。

 おもに2つの機能を搭載。コンディション管理機能については、週に1度、従業員メンバーに対し5段階でコンディションを回答する質問が送付。管理者はメンバーのコンディションの傾向を管理画面で確認が可能。どのメンバーの調子が良く、どのメンバーが困っているかなど、チームの変化に気付くきっかけを得ることができるという。

 もうひとつの、バリューをもとにした称賛機能では、バリューを体現した人に対して、会社ごとに設定したバリューのハッシュタグをつけてメンションをし、称賛のメッセージを送ると、送ったメッセージがバリューの名がついたチャネルに集約。また称賛を送った数、送られた数などが管理画面上に集約され、バリューの浸透具合が可視化される。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]