logo

ソニー、人感センサーで目覚めもサポート--「マルチファンクションライト」に新モデル

加納恵 (編集部)2020年08月07日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーネットワークコミュニケーションズは8月7日、LEDシーリングライトにスピーカーを搭載した「マルチファンクションライト」に、人感センサーを使った機能を備えた「MFL-2000S」を発表した。起床時のアラームとしても使える。同日から予約を開始し、8月21日にECサイトや家電量販店で販売する。想定税別価格は4万7000円前後。


「MFL-2000S」
「MFL-2000S」

 マルチファンクションライトは、センサーやスピーカー、マイクなどを内蔵したマルチファンクションユニットと専用LEDシーリングライトを組み合わせたもの。Bluetoothを内蔵した軽量、小型モデル「LGTC-30」 +「LGTG-200」などをラインアップしている。

 MFL-2000Sでは、人感センサーを使った操作ができるようになっており、人の動きを検知して家電をオン、オフしたり、起床時のアラームとして使える。

 専用アプリから、人感センサーの感度と無人検知時間を設定でき、この2つを組み合わせることで、センサーによる快適な操作をサポート。感度を高く、無人検知時間を長く設定しておけば、リビングに入ったと同時に電気が付き、テレビなどに集中していても、少しの動きを感知して、電気は消えない。

専用アプリの設定画面
専用アプリの設定画面
センサーの感度と無人検知時間の2つを組み合わせて設定できる
センサーの感度と無人検知時間の2つを組み合わせて設定できる

 一方、起床時のアラームとして使える「おはようモード」では、感度を低くしておくことで寝返りを打つだけでアラームが止まってしまったりせず、きちんと起き上がるまでアラームが鳴り続ける。おはようモードでは、アラーム音に加え、設定時刻の15分前から照明が徐々に明るくなる機能も装備。照明は朝日の光に近い色味に設定しており、快適な目覚めをサポートする。

 不在時に室内の人の動きを感知することで警告音を発する「見守りモード」も装備。マルチファンクションユニット内にSDカードスロットを設けており、SDカードを設定しておけば、警告音を発する30秒前の室内の音声を録音することも可能。録音した音声は専用アプリから一度確認できる。

 このほか、テレビやエアコンなどのリモコン操作、Bluetoothを通じた音楽再生、タイマー機能の照明やテレビの自動操作、AIスピーカーによる音声操作にも対応する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]