logo

ソニー、聞き取りやすさと重低音を両立--大画面時代のテレビスピーカー

加納恵 (編集部)2020年05月12日 10時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月12日、大画面化が進むテレビにあわせ、バーチャルサラウンド技術で迫力ある音場を再現する3.1chのサウンドバー「HT-G700」を発表した。ドルビーアトモスとDTS:Xに対応する。発売は6月13日、想定税別価格は6万円前後になる。

大画面テレビとの組み合わせを考えたサウンドバーシステム
大画面テレビとの組み合わせを考えたサウンドバーシステム
「HT-G700」
「HT-G700」

 HT-G700は、45mm×100mmのフルレンジスピーカーを左右とセンターに配置したサウンドバーと160mmスピーカーを備えたワイヤレスサブウーファーを組み合わせた3.1chシステム。センタースピーカーを用意することで、セリフや人の声がクリアに聞こえるほか、重低音再生に特化したサブウーファーを組み合わせ、聞き取りやすさと重低音の迫力を両立する。

 センタースピーカーにはOLEDディスプレイを搭載し、入力状態やサウンドモード、音声情報などを表示。HDMI端子を備え、eARC(Enhanced Audio Return Channel)対応のテレビをハブにすれば、セットトップボックスやBDレコーダーなど、さまざまな機器の音声を再生可能だ。

 独自の「Vertical Surround Engine」により、高さ方向を加えたサラウンドサウンドを創出。トップスピーカーやイネーブルドスピーカーを置かずに3次元の立体音響を実現するほか、「S-Force PROフロントサラウンド」を備え、前方のスピーカーだけでサラウンドを再現する。

 サウンドモードはAuto Sound、Cinema、Music、Standardを用意。バースピーカーは高さ64mm×幅940mm×奥行き108mm、重量約3.5kg、サブウーファーは高さ387mm×幅192mm×奥行き406mm、重量約7.5kg。HDMIケーブルが付属する。

HDMI端子、光デジタル入力端子を備える
HDMI端子、光デジタル入力端子を備える
リモコン
リモコン

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]