logo
新型コロナウイルス関連

アップルとグーグルの新型コロナ追跡ツール、パンデミック収束後に停止へ

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2020年04月15日 11時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleとGoogleは、共同で取り組んでいる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)追跡ソリューションについて、パンデミック収束後に停止することを明らかにした。このソリューションは「Android」および「iOS」デバイス向けに開発中で、Bluetoothを利用して濃厚接触者を追跡するもの。

iPhoneとPixelの写真
提供:Angela Lang/CNET

 米政府関係者は、技術や監視ツールを利用して、COVID-19の感染経路を追跡することを検討してきた。そうした手法は公衆衛生当局者が感染症を追跡するのに役立つ可能性がある一方で、プライバシー擁護者や議員からは、緊急時に導入された措置がパンデミック後も続くことを懸念する声が上がっていた。

 GoogleとAppleは米国時間4月10日に共同でCOVID-19追跡に取り組むと発表した際、不要になれば機能を無効化できるとしていた。米CNETからの質問に対し、両社は14日、パンデミックが収束したらシステムを完全に停止すると約束した。

 パンデミックの収束時期はコミュニティーごとに異なる可能性がある。Appleは、地域ごとの有効化や無効化の時期については政府当局者と連携すると述べた。Googleは、公的機関は健康上の危機に対処する目的でしかアプリを利用できないと述べた。

 AppleとGoogleによる接触追跡のためのAPIが入手可能になるアップデートは、5月までリリースされない。アップデート後も、このAPIを利用するアプリを開発するかどうかは、公衆衛生当局者次第だ。アップデートにより、iOSデバイスとAndroidデバイスは、Bluetooth Low Energy(BLE)を利用して相互に位置を確認できるようになる。

 狙いは、Bluetooth技術を利用して感染者の接触を追跡することだ。接触追跡は従来、医療従事者が患者の移動履歴を丹念に調べて接触相手を判断し、コミュニティーを介した病気の感染をマップ化するなど、人手を要するプロセスだった。新たに開発されるアプリは、BLE経由で近くにあるすべてのデバイスをログに記録することにより、そうしたプロセスに役立つ可能性がある。ログに記録されたデバイスの所有者の誰かが、COVID-19検査で陽性だった場合、過去に接触のあったすべてのデバイスにアプリから警告が送られる仕組みだ。

 AppleとGoogleは記者会見で、できるだけ多くの人が追跡機能をオプトインする必要があるため、信頼とプライバシーがこの技術には不可欠だと述べた。両社は、14日ごとにIDをリセットするなど、デバイスのBluetoothコードにユーザーの身元が関連付けられないよう対策を講じてきた。Appleはまた、米上院議員らに向けて、COVID-19ツールにおけるプライバシー保護に注力すると述べてきた。

 具体的にどのようにツールを無効にするかについて、両社は明らかにしなかった。例えば、感染の第2波が来た場合に再び有効化が可能なのか、またこのツールがデバイスから完全に消去されるのかという点だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]