新型コロナウイルス関連

グーグルのビデオ会議「Google Meet」、上位機能の無料期間を9月まで延長

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年04月13日 08時46分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Meet」の上位機能が、「G Suite」と「G Suite for Education」のすべての顧客向けに9月30日まで無料で提供される。Googleは当初、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、在宅勤務や自宅学習を行う人々を支援するため、7月1日まで無償で提供するとしていたが、9月まで延長すると発表した。このハイエンドのアドオン機能には、250人が参加する大規模なミーティングを開催する機能や、ミーティングを録画して保存する機能などがある。

Google
提供:James Martin/CNET

 新型コロナウイルスに伴うロックダウン(都市封鎖)で、ビデオ会議ツールGoogle Meetの利用が急増している。Googleは先週、Google Meetに世界中で1日あたり200万人を超える新規ユーザーが加入していることを明らかにした。人々が自宅に留まりながら家族、友人、同僚とつながる手段を求めているためだ。

 またGoogleは、Google Meetの名称から「Hangouts」を外すことも明らかにした。エンタープライズ製品をコンシューマー向けサービスと区別する狙いがあるようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]