logo
新型コロナウイルス関連

グーグル、ビデオ会議「Hangouts Meet」の上位機能を契約者に開放--新型コロナ対策で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染にともなう肺炎(COVID-19)患者の増加で在宅勤務や休校を強いられた人々の活動を支援するため、有料オンラインオフィススイート「G Suite」で提供しているビデオ会議機能「Hangouts Meet(ハングアウトMeet)」の上位エディション利用者向けプレミアム機能を、期間限定で全利用者へ無償開放すると発表した(その1その2)。

Hangouts Meetのプレミアム機能を全利用者へ無償開放(出典:Google)
Hangouts Meetのプレミアム機能を全利用者へ無償開放(出典:Google)

 G Suiteの「Basic」「Business」「Nonprofit」「Education」エディションでは、Hangouts Meetの各会議に参加可能な最大人数が100人または150人に制限されている。今回の措置により、これらエディションでも最大参加人数を「Enterprise」「Enterprise for Education」エディションと同じ250人に拡張する。さらに、ドメイン内で最大10万人が視聴可能なライブストリーミング機能と、会議を録画して「Google Drive(Googleドライブ)」へ保存できる機能も、同じように提供する。

 プレミアム機能の開放は段階的に進めており、2週間から3週間中に全G Suiteユーザーが利用可能になるという。

 今回の措置は、2020年7月1日までの期間限定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]