logo

グーグル、GIGAスクール構想に対応する教育機関向けサービス開始--「G Suite」無償提供

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Google Japanは、小中学校の児童および生徒に1人1台の端末などを割り当てる文部科学省の「GIGAスクール構想」へ対応するため、教育機関向けサービス「Google for Education」を通じて教育機関向けソリューション「Google GIGA School Package」を開始すると発表した。

文部科学省のGIGAスクール構想へ対応(出典:Google)
文部科学省のGIGAスクール構想へ対応(出典:Google)

 Google for Educationは、幼稚園から高等教育機関の教員と学生、研究者を対象とするサービス。教育機関向け有料オンラインオフィススイート「G Suite for Education」、Chrome OS端末「Chromebook」などを提供している。

 Google GIGA School Packageでは、G Suite for Educationを無償提供し、教員や子どもたちのコミュニケーションや学習を支援する。同時に、教員の作業効率化にも活用してもらう。

 さらに、文科省の標準仕様書に対応したChromebookと、複数のChromebookを集中管理するコンソール「Chrome Education Upgrade」を用意する。教員などを対象に、Google for Educationの導入を支援する無償研修会「Kickstart Program」も開催する予定。

Chromebookなどを提供(出典:Google)
Chromebookなどを提供(出典:Google)

 なお、Google Japanは新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大防止策で実施されている学校休業に対する支援策として、春休み期間中に限りChromebookの無償貸与を実施している。

学校へChromebookとG Suiteを無償提供(出典:未来の教室)
学校へChromebookとG Suiteを無償提供(出典:未来の教室)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]