logo

新型コロナウイルスによる肺炎対策で在宅勤務の動き--GMOらが実施

佐藤和也 (編集部)2020年01月27日 11時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループは1月26日、新型コロナウィルスの感染拡大に備え、事業継続ならびに従業員の安全確保を目的として、中国からの観光客が多く集まるエリアの拠点(渋谷・大阪・福岡)において、 1月27日から2週間をめどに在宅勤務を実施すると発表。また、オーディオブックの制作や配信サイト「audiobook.jp」を運営するオトバンクも在宅勤務を実施するという。

 同グループでは、新型コロナウィルスの感染が拡大している状況を受けて、従業員の感染リスクを排除し安全の確保とともに、安定したサービスを継続して提供することを目的としている。中国国内に駐在、出張中の従業員に対して、強制帰国の指示も行なったほか、人の多いエリアへの外出や交通機関を使用した出張の自粛といった対策も行うとしている。

 オトバンクも業員の安全確保および正確な環境状況の把握を目的として、1月27日から2月10日までを目途に、通勤ラッシュ時において全従業員が電車通勤を回避することや、在宅勤務により不要な出社を控えること、外出時および社内においてマスクの常時着用を実施するなどの対策を行うという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]