logo

グーグルら、ハエの脳神経回路を3Dマップ化--動画も公開

Alison DeNisco Rayome (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年01月24日 11時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まさに、小さな脳とビッグサイエンス(巨大科学)だ。Googleとハワードヒューズ医学研究所ジャネリアリサーチキャンパスの研究チームは、ショウジョウバエの脳の詳細な3Dマップを作成した。研究チームによると、このマップにより、脳が学習や記憶などの行動を制御する仕組みについて、さらに多くのことが分かる可能性があるという。研究内容について説明した研究プロジェクトのウェブサイト論文によると、今回の3Dマップは、生物の種類を問わずこれまでに作成されたこの種の脳マップ(「コネクトーム」と呼ばれる)の中で最大規模だという。

提供:FlyEM/Janelia Research Campus
提供:FlyEM/Janelia Research Campus

 論文によると、このマップはハエの脳の大部分をカバーしており、学習、進路誘導、視覚処理、そしておそらくは睡眠に使われる神経回路を含むという。ハワードヒューズ医学研の説明によると、約2万5000個のニューロン(神経細胞)が、それらをつなぐ2000万個の化学シナプスと併せて網羅されており、複雑なイメージング技術とディープラーニングのアルゴリズムが必要だったという。

 プロジェクトのデータは誰もが無料でダウンロードできる。プロジェクトのウェブサイトでは、マップをさまざまな角度から捉えたさらに多くの動画が公開されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]