logo

「OYO LIFE」運営会社がZホールディングスとの合弁解消を正式発表

加納恵 (編集部)2019年12月19日 15時36分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーを傘下に持つZホールディングス(ZHD)との合弁解消が報じられたOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPANは12月19日、経緯と今後の方針について発表した。11月にOYOグループがZHDの保有株式を買取、合弁を解消したという。

 今回の決定は、OYO、OYO LIFE、ZHDの3社で協議を重ねた結果、中長期的な戦略や目標を考慮した上で決定したとのこと。今回の株式取得は、今後のOYO LIFEのビジネスの成長に鑑み、さらなるサービス拡充を目指すOYOグループとしての戦略としている。なお、別途ホテル事業を展開するOYOHotelsJapanについて、出資関係などに変更はない。

 なお、一部メディアでCEOの勝瀬博則氏の退任が報じられたが「そのような事実はなく、当社が公表したものではない」とコメントしている。OYO LIFEは、3月にサービスを開始。現在、5000人を超えるユーザーを持つ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]