logo

出店攻勢をかけるアップル、役員ページから消えたアイブ氏--Appleニュース一気読み

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月25日~12月1日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のAppleニュース一気読み」。

 6月にAppleを退職することが明らかとなったチーフ・デザイン・オフィサー、ジョナサン・アイブ氏。Appleの役員を紹介する「Leadership」と投資家向けの紹介ページから、同氏の写真と名前がなくなっていることがわかった。

 ジョナサン・アイブ氏は、Apple WatchのプロジェクトでAppleにも参画した旧知の盟友で工業デザイナーとして著名なマーク・ニューソン氏とともに「Love From」というデザインファームを立ち上げ、その顧客第一号にAppleがなるという将来像が示された。そのことから、引き続き、アイブ氏のデザインにおけるリーダーシップの恩恵をAppleが授かるとは、ティム・クックCEOのコメントだ。

 アイブ氏は1996年からAppleの工業デザインチームをリードし、すでに5000以上の特許を取得。彼が率いるチームは過去50年で最高のスタジオであると評されている。英国出身の当人は英国王室からナイトの称号が贈られた。

 Appleを去るアイブ氏は、これまで人が手にするモノをデザインしてきたアイブ氏は、Appleで2013年頃からApple Park建築や、Apple Storeの再デザインに携わってきたとされ、空間、人が活動する場所のデザインへの興味を垣間見せている。

 その一方で、Apple社内では工業デザインチームの意見が非常に強いことも知られており、そのバランスに変化が生じていく可能性もある。

ジョニー・アイブ氏が退職か--アップルの役員ページから消える(11/29)

Apple Storeの出店攻勢続く

 Appleは日本で2019年、丸ノ内、移転した福岡の店舗に続いて、川崎にも12月14日に新店舗をオープンさせる。国内においてはモールへの初出店となっており、今後新しい出店パターンとして定着していくか注目される。

 AppleはSIMフリーモデルのiPhoneを、直営店以外のApple Premium Resellersでも解禁し、その販売は好調だという。携帯キャリア経由での販売では、総務省の電気通信事業法改正によって割引が制限されることから、独自の販売網を拡大させていこうという意図が透ける。特に格安SIM+最新iPhoneというこれまで買いにくかった組み合わせが扱えるApple Premium Resellersのショップは、これまで拾いきれなかったニーズをおさえる上で、重要な一手となりそうだ。

 Apple Storeは引き続き、販売と修理、製品の使い方などの教育の場として機能していくことになる。米国に比べて極端に数が少ない日本のApple Storeは、今後も増加していくことが期待できる。

12月1日は世界エイズデー--Apple Storeが恒例の赤いロゴに(11/27)

その他

アップルがクリミアをロシア領と表示、ウクライナ外相が批判(11/27) MacBook Pro 16インチレビュー--刷新し値下げしたベースモデル、キーボードは別物に(11/30)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]