logo

AWSとKDDI、エッジコンピューティング環境を構築--5Gの低遅延サービス実現へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon Web Services(AWS)とKDDIは12月4日、第5世代移動通信システム「5G」の低遅延サービス実現に向け、AWSの新たなコンピューティング・ストレージサービス「AWS Wavelength」を用いた、エッジコンピューティング環境を構築すると発表した。

 エッジコンピューティングは、利用者により近い場所にサーバーやストレージなどの装置を配置しデータ処理することで、クラウドサービスを利用したアプリケーションよりも応答時間の低遅延化や回線帯域の削減を実現する手法。より低遅延なサービスを提供できる仕組みとして、5Gのネットワークと組み合わせた活用が期待されている。

 KDDIの5Gネットワーク内にAWS Wavelengthを配置することで、アプリケーション開発者は現在利用しているAWSと同じ、使い慣れたAPI・ツール・機能を使用しながら、低遅延を生かしたサービス展開が可能となる。また、KDDIの5Gネットワークの利用者は、各種アプリケーションを低遅延に利用できるようになるという。

 5G時代のエッジコンピューティングでは、高精細なXR(VR、ARなど)、VPS(Visual Positioning Service)、スマートファクトリー、建機の遠隔操縦や自動運転などへの活用が期待されている。KDDIは、5GネットワークとAWS Wavelengthを組み合わせることで、これらのサービスの実現に向けた取り組みを加速させるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]