logo

ロードスターキャピタル、海外不動産へのクラウドファンディング投資サービスを開始

加納恵 (編集部)2019年09月30日 18時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロードスターキャピタルは9月30日、海外不動産へのクラウドファンディング投資サービスを開始すると発表した。10月7日の開始を予定している。

 海外型商品は、米国の不動産クラウドファンディング事業者であるFundriseが既に米国内で実績を重ねている投資商品で米国の非上場REITになる。日本において、米国の非上場REITにクラウドファンディングで投資するサービスを提供するためには、第二種金融商品取引業、電子申込型電子募集取扱業務、及び投資運用業の許認可登録を備える必要があるが、ロードスターキャピタルはそれらの許認可登録を備えており、6月にFundriseと業務提携を締結。準備を進めてきた。

 海外型の第1号案件は、Fundriseが提供する「Income eREIT」と呼ばれる米国の非上場REIT。申込単位は1口50万円単位で、最低出資額は50万円(1口)、最高出資額は450万円(9口)になる。運用期間は5年を予定する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]