logo

「Xbox One」が「Googleアシスタント」で操作可能に

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年09月27日 07時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Xbox One」は既にAmazonの「Alexa」やMicrosoftの「Cortana」で操作可能だが、今回「Googleアシスタント」も使用できるようになった。

 MicrosoftGoogleは米国時間9月26日、それぞれのブログ記事で、この新機能のベータ版を提供開始することを発表した。今回の統合は、他の音声アシスタントで提供されているものと同様で、Xboxの起動/停止、Xbox上でのアプリやゲームの起動、スクリーンショット撮影、ゲーム動画の録画、再生/停止、音量調節が可能になる。

 このベータ機能の追加は非常に簡単だ。Googleアカウントで「Xbox for Google Assistant Beta」のGoogleグループに参加し、「Google Home」アプリで「追加」、「デバイスのセットアップ」、「セットアップ済みデバイスのリンク」の順に選択すれば、処理を開始することができる。

 ここで「[beta] Xbox」デバイスを検索して選択し、Xboxで利用しているMicrosoftアカウントにサインインする。複数のXboxを所有している場合は、名前を変更することもできる。

 一旦設定を有効化すれば、Googleアシスタント対応の任意のスマートスピーカーまたはディスプレイや、「Android」版または「iOS」版のGoogle HomeおよびGoogleアシスタントアプリから、Xboxが操作可能になる。まずは英語で提供されるが、両社は「今秋」の正式リリースまでに他の言語を追加する方向で作業を進めているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]