logo

「Googleアシスタント」、録音の聞き取りにユーザーの同意確認へ--懸念に対応

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2019年09月24日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Googleアシスタント」に変更を加え、音声録音のレビューに関して今後さらに透明性を高める方針だ。今回の動きはGoogleが7月、同音声アシスタントの精度を向上させるために、録音されたユーザーの音声を契約業者が聞き取っていることを認め、非難を浴びていた件に対応するものだ。

提供:Chris Monroe/CNET
提供:Chris Monroe/CNET

 Googleは米国時間9月23日付のブログ記事で、Googleアシスタントに追加する変更について説明し、どのような場合に音声が保存されるかを明確にした。ユーザーは今後、会話を保存してレビューする「Voice & Audio Activity」(VAA:音声アクティビティ)プロセスに参加するかを確認することになる。Googleのブログによると、「今後は設定を更新し、ユーザーがVAAをオンにする際、音声技術の向上のために、人間のレビュアーがユーザーの音声の断片を聞く可能性があることを明示する。またGoogleアシスタントの既存ユーザーには、人間によるレビュープロセスを再開する前に、VAAの設定を見直し、自身の選択を確認するオプションを提示する」という。

 Googleによると、音声データを保存する設定は、Googleアシスタント搭載デバイスではデフォルトでオフになっているという。

 同社はそのほか、誰かが「ヘイGoogle」と呼びかけたわけでもないのに、雑音によってGoogleアシスタントが勝手に起動してしまう問題の対策にも取り組んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]