logo

ソニーが未来の技術を一挙に公開--人の目を超えたイメージセンサーから5G時代の映像制作まで - 9/19

加納恵 (編集部)2019年09月19日 10時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ここからは「解き放つ」をテーマにした技術展示を紹介する。「光を自在に操り、リアルに迫る」では、光線を追跡する「Ray Tracing(レイトレーシング)」技術について紹介した。CGなどに光の反射、屈折を加えるとリアリティが増す。それをリアルタイム処理するには多数のGPUが必要になるとのこと。

 デモでは、計40枚のGPUを使ってリアルタイムでレイトレーシングを実施。テーブルの上に置かれたおもちゃの車をレイトレーシングしてディスプレイに映すと、リアルな車として描かれていた。

 レイトレーシングの計算は、1ピクセルあたり、72光線軌道で、4Kディスプレイにすると、1フレームで約6億通りの計算が必要になるという。

 ここからは「解き放つ」をテーマにした技術展示を紹介する。「光を自在に操り、リアルに迫る」では、光線を追跡する「Ray Tracing(レイトレーシング)」技術について紹介した。CGなどに光の反射、屈折を加えるとリアリティが増す。それをリアルタイム処理するには多数のGPUが必要になるとのこと。

 デモでは、計40枚のGPUを使ってリアルタイムでレイトレーシングを実施。テーブルの上に置かれたおもちゃの車をレイトレーシングしてディスプレイに映すと、リアルな車として描かれていた。

 レイトレーシングの計算は、1ピクセルあたり、72光線軌道で、4Kディスプレイにすると、1フレームで約6億通りの計算が必要になるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]