logo

グーグル、独禁法調査で米司法省から情報を求められたと認める

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年09月09日 10時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間9月6日、独占禁止法違反をめぐる過去の調査について米司法省に情報を求められたと述べ、政府に事業慣行を調べられていることを認めた。

Googleの国際問題担当シニアバイスプレジデント、Kent Walker氏
Googleの国際問題担当シニアバイスプレジデント、Kent Walker氏
提供:Getty

 Googleはまた、各州の司法長官の調査に備えていることを明らかにした。そうした調査に関する公式発表は、9日にワシントンDCで行われる見込みだ。

 Googleの国際問題担当シニアバイスプレジデント、Kent Walker氏はブログにこう書いた。「司法省は当社にこうした過去の調査に関する情報を提供するよう求めており、各州の司法長官も同様の問い合わせをしてくると思われる。われわれは、これまで常に規制当局と建設的に協力してきた。今後も引き続きそうする」

 司法省は7月、独占禁止法違反についてIT業界大手を調査すると発表した。Google、Apple、Facebook、Amazonが対象とみられる。その前の6月には、下院の民主党議員らがIT大手への独自調査について発表し、「反競争的行為」に関わっているかどうかを調べる意向を明らかにしていた。

 ニューヨーク州のLetitia James司法長官は6日、Facebookにも同様の調査を実施することを発表した。James氏の事務所は声明で、調査はフロリダ州、コロラド州、アイオワ州などと共同で、「業界におけるFacebookの支配力と、その優位性を利用した反競争的行為の可能性」にフォーカスすると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]