logo

JAL、乗務員や整備士らの記録を電子化へ--電子フライトログ・整備記録の運用開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空(JAL)は8月30日、運航乗務員、客室乗務員、整備士などが航空機の飛行情報や不具合修復状況を記載する、搭載用航空日誌(フライトログ)、キャビンログ、関連する整備記録を電子的に記録・保管するシステムの導入について、国土交通省の認可を受け、8月10日よりエアバスA350型機において日本で初めて利用を開始したと発表した。

キャプション

 同社によると、従来フライトログなどは紙の書類であるため、その内容をシステムに保存する際には、データ入力する作業が発生していた。

 今回の電子フライトログの運用では、航空機に搭載されたiPadや整備士が携帯するiPhone内のアプリから入力を行うことで、誰がどのような作業を行ったのかを漏れなく確実に記録可能。また、連動する複数のシステムとデータ連携を行うことで、データの手入力がなくなり、作業性・生産性の向上が見込める。

 また、入力内容はどこでもタイムリーに確認ができることから、これまでは到着後にしか対処ができなかった不具合への準備を事前に行えるようになり、結果として定時性向上にもつながるという。

 同システムは、Ultramain Systemsの「ULTRAMAIN ELB version 2」および、「Mobile Mechanic」をベースに、日本アイ・ビー・エムとJALインフォテック、JALエンジニアリングが共同で開発した。また、クラウド上に安全にデータを格納するサービスとして、GE Aviationの「Airvault」を採用している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]