logo

DeNAのニュースアプリ「ハッカドール」メモリアルイベントで見た“5年間の集大成”

佐藤和也 (編集部)2019年08月31日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET Japanの編集記者が気になる話題のトピックなどを紹介していく連載「編集記者のアンテナ」。主にゲームなどのエンターテインメント領域を取材している佐藤が担当。今回は、8月25日に東京・原宿クエストホールにて行われたイベント「ハッカドール THE めもりあるぱ~てぃ!!!」の模様をお届けする。

「ハッカドール」のキャスト陣によるトーク&ミニライブイベントが行われ、“マスターさん”とともに盛り上がった
「ハッカドール」のキャスト陣によるトーク&ミニライブイベントが行われ、“マスターさん”とともに盛り上がった

 これは、ディー・エヌ・エー(DeNA)のアニメやゲームに特化したニュースアプリ「ハッカドール」をテーマにしたイベント。ハッカドールはアプリのサービスにとどまらず、世界観とイメージキャラクターを生かし、テレビアニメやVTuberといったキャラクターコンテンツとしても展開された。

 8月15日にリリース5周年を迎え、同日にサービスを終了。今回はメモリアルイベントとして催されたもので、キャラクターの声を担当しているキャスト陣を招いて5年間を振り返るトークとミニライブが行われた。

会場では各種グッズやキャストらのサインなどが展示
会場では各種グッズやキャストらのサインなどが展示
ほかにもテレビアニメの原画も掲出されていた
ほかにもテレビアニメの原画も掲出されていた

 出演したのは、ハッカドール1号役の高木美佑さん、ハッカドール2号役の奥野香耶さん、ハッカドール3号役の山下七海さんの3人。これまでイベントや配信番組のMCを務めていた、宣伝担当のDeNA岡村直哉氏も登場。チケットは前売り段階で完売し、当日は大勢の“マスターさん”(※ハッカドールの利用者やファンのこと)が詰めかけた。なお、イベントは2回行われ、本稿は2回目(夜の部)の模様となっている。

ハッカドール1号役の高木美佑さん(中央)、ハッカドール2号役の奥野香耶さん(左)、ハッカドール3号役の山下七海さん(右)
ハッカドール1号役の高木美佑さん(中央)、ハッカドール2号役の奥野香耶さん(左)、ハッカドール3号役の山下七海さん(右)
ハッカドールのイベントではおなじみ、マスターさんにも愛されたMC“おかむー”こと、DeNAの岡村直哉氏
ハッカドールのイベントではおなじみ、マスターさんにも愛されたMC“おかむー”こと、DeNAの岡村直哉氏

 冒頭では、VTuberとして活躍した3Dモデルのハッカドール3人がスクリーンに映し出され、前説として場内を盛り上げた後、キャスト陣が登場。自己紹介にあわせて演じるキャラクターを漢字一文字で表すお題もあり、高木さんは1号を“頑張り屋”の意味で「頑」、奥野さんは2号を“腐女子”の意味で「腐」、山下さんは3号を“睡眠”の意味で「眠」と表していた。

 今回キャスト陣は、ハッカドールとして初めてのイベントとなった東京ゲームショウ2014(TGS2014)におけるステージイベントで着用していた衣装を、5年ぶりに着て登場。ちなみに場内への問いかけでは、TGS2014のステージに来ていたというマスターさんも見かけられたが、およそ半数以上は、初めてハッカドールにイベントに来場したマスターさんとなっていた。

TGS2014ステージイベント時の衣装で登場
TGS2014ステージイベント時の衣装で登場

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]