logo

パナソニック、五感を刺激する空間ソリューション体験スペース--屋久島の風を再現 - (page 3)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然の風のような揺らぎをオフィスや商業施設に届けられるか

リブートとは、再起動という意味。「心身ともにリセットして、新たな気持ちになれる場所と言う思いを込めた」と話すパナソニック エコシステムズ R&D本部本部長の岡本剛氏
リブートとは、再起動という意味。「心身ともにリセットして、新たな気持ちになれる場所と言う思いを込めた」と話すパナソニック エコシステムズ R&D本部本部長の岡本剛氏

 現在のところ、リブートスペースは春日井にのみ設置するが、今後は様子をみながら他地域に広めることも検討するという。

 「リブートスペースの実現で難しかったのは、心地良く自然な風を作りだすところ。単純にファンを使って風を送るだけでは、自然の風のような揺らぎは再現できない。その点はいろいろと試行錯誤した。お客様の状況にあわせて柔軟に対応するとはいっても、施工のしやすさなどを考えると、ある程度のパッケージ化は必要になる。そのバランスをどう調整していくのかが、現在の課題」岡本本部長は説明する。

 同社では今後、オフィスや商業施設などのオーナー、設計担当者、施工業者などに対し、リブートスペースで自社の取り組みをアピールし「お客様とともに体験価値をアップデートしていく」とする。

 春日井事業場の敷地内には、BtoB向けのリブートスペースのほか、住宅事業用として、空気の質を体験できる体験型実験住宅「IAQLabo」なども用意されている。

 スペックだけではわかりにくい「空気の質」は、一度体験してみるとより深く理解ができる。今後、同社の空間ソリューションがどのように広がっていくのか注目だ。

BtoC向けの体感スペース「IAQLabo」も見学した
BtoC向けの体感スペース「IAQLabo」も見学した
「温度」「湿度」「清浄度」「気流」と快適さの関係を3つの部屋で体感できる。同じ温度なのに、湿度が違うと体感する快適さが違うのに驚いた
「温度」「湿度」「清浄度」「気流」と快適さの関係を3つの部屋で体感できる。同じ温度なのに、湿度が違うと体感する快適さが違うのに驚いた

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]