logo

パナソニック、五感を刺激する空間ソリューション体験スペース--屋久島の風を再現 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

屋久島の風再現も、香りと空気でリフレッシュする空間演出

 早速リブートスペースを体験した。およそ60平方メートルの広さを4つのスペースに分けて体験を行なったので、順番に紹介しよう。

 最初に体験したのは「集中サポート」スペースだ。椅子に座ると、スポットライトが手元を照らす。自分の目の前だけを照らすことで、周囲に視線がいきにくくなり目の前に集中できるという仕組みだ。

 さらに、人が着席するとローズマリーとユーカリをブレンドした香りをまとった気流が流れる。空気の流れと香りでリフレッシュできるという。座ったタイミング以外にも、センサーなどを用いて、集中力が切れやすいタイミングで気流を噴出させることも可能だという。実際にカウンターに座ってみると、気分がシャキッとするので、気持ちの切り替えがサポートされそうだと感じた。オフィスの集中コーナーや、塾の自習室などで需要がありそうだ。

カウンター正面の黒い部分から香りとともに空気が噴き出す
カウンター正面の黒い部分から香りとともに空気が噴き出す
周囲が気にならないよう、椅子の目の前の空間をスポットライトで集中的に照らす
周囲が気にならないよう、椅子の目の前の空間をスポットライトで集中的に照らす
香りは別の組み合わせに変更可能だ
香りは別の組み合わせに変更可能だ

 続いて、円形のソファーでつくられた「清潔安心」のコーナー。ソファの上にドーム状のパーツを配置。ソファーの下からドームにむかって空気を噴出させて、風の膜でみえないパーティションをつくるのだという。

 風のパーティションをつくることで、次亜塩素酸を集中的に放出することが可能。次亜塩素酸の濃度は、風のカーテン内は10ppbに保たれ、これは約5分で浮遊ウイルスを除去する効果があるのだという。さらに、ソファのエリアだけにスピーカーの音を流すことも可能。病院の待合室や、人の出入りが多い商業施設などでの導入が想定される。

円形のソファーとドーム状の天井の組み合わせ。一見するとパーティションがあるとはわからないので、空間が開放的だ
円形のソファーとドーム状の天井の組み合わせ。一見するとパーティションがあるとはわからないので、空間が開放的だ
次亜塩素酸の流れ。ソファ周辺にとどまるという
次亜塩素酸の流れ。ソファ周辺にとどまるという
ドームからちょっと離れただけ(手の位置)で風を感じなくなる
ドームからちょっと離れただけ(手の位置)で風を感じなくなる

 「屋久島で実際に吹いている風を計測して参考にした」と担当者が話すのが「自然感」の体験コーナー。ソファーに座って体感すると、正面にある木の柱から、風が吹いてきて、植物の葉を揺らしている。さらに、水の音が心地良い。流れてくるのは、エアコンなどからくる、塊になっている空気の流れではなく、自然の風のようにゆらぎを感じる風だ。

 朝、夜などシーンによって、風の強さ、照明の色、流れてくる香りを変えられる。スピーカーから流れてくる音は、朝なら小鳥の声、夜は虫の声と変化する。風はとても気持ちがよく、ずっと座っていたくなるような印象だった。オフィスの休憩スペースや、ビルのエントランスなどでの利用を想定している。

屋久島をイメージした演出。植物の葉っぱの揺れと、水の流れは視覚的にも楽しい。水はカルキなどが蓄積しにくいよう軟水を用いている
屋久島をイメージした演出。植物の葉っぱの揺れと、水の流れは視覚的にも楽しい。水はカルキなどが蓄積しにくいよう軟水を用いている
よくみると、柱に隙間があり、そこから風が吹いてくる
よくみると、柱に隙間があり、そこから風が吹いてくる
自然の風のゆらぎを計測し、再現した
自然の風のゆらぎを計測し、再現した

 最後は、映像と香りが連動する「臨場感」の演出。ディスプレイの周囲に気流の吹き出し口があり、そこから香を流すというもの。実演では、花の映像の時に花の香りが漂い、森の映像になると今度はウッド系の香を体験できた。

 後から別の香りを出すときに、前の香りが残らないよう、気流を厳密にコントロールしているとのこと。香りがとどまるわずかな時間で、映像を出すタイミングと香りの変化の両方に対応している。

ディスプレイに流れる映像と香りが連動する
ディスプレイに流れる映像と香りが連動する
ちょっとわかりにくいが、ディスプレイの周辺にスリットが施されている。まるで映像の中かから香りが漂ってくるような印象を受ける
ちょっとわかりにくいが、ディスプレイの周辺にスリットが施されている。まるで映像の中かから香りが漂ってくるような印象を受ける
一般的なアロマディフューザーだと1分程度香りが残るのに対し、本機の場合は数十秒と短い
一般的なアロマディフューザーだと1分程度香りが残るのに対し、本機の場合は数十秒と短い

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]