logo

パナソニック、五感を刺激する空間ソリューション体験スペース--屋久島の風を再現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックエコシステムズがリブートスペースを開設したのは、愛知県春日井市にある同社本社内。オープンに際し開かれた記者説明会の席上で、パナソニックエコシステムズ 代表取締役社長小笠原卓氏は、次のように説明する。

 「当社は1913年に国内初の量産交換式扇風機を発売して以来、換気扇や空気清浄機などの設備、道路トンネルなど大空間の空気浄化など、空気や水の環境関連事業に100年以上取り組んできた。これまでのそうした知見を生かし、空気水の環境事業に力を入れる。特に、現在展開の少ない非住宅分野に注力し、市場の成長以上の拡大を目指す」としている。

リブートスペースは、実際に同社の空間演出を体感できるスペースだ
リブートスペースは、実際に同社の空間演出を体感できるスペースだ
パナソニック エコシステムズの代表取締役社長小笠原卓氏
パナソニック エコシステムズの代表取締役社長小笠原卓氏
空気・水を用いたソリューション事業でBtoB分野の売り上げ拡大を目指す
空気・水を用いたソリューション事業でBtoB分野の売り上げ拡大を目指す

 具体的、同社が考える空気ソリューションとはどのようなものだろうか。パナソニック ライフソリューションズ社の技術本部本部長の岡秀幸氏は、空間ソリューションには、空気と水が不可欠だと話す。

 「今回新たな空間ソリューションの提案に際し3つのプロセスで行う。それは空気質水質の再定義、体験価値の創出、価値の検証だ。

 温度や正常化といったこれまでの不快でない空気から、水、音、映像などを用いた体験価値を創出し人を起点にした空気質、水質のソリューションを検証していく。その役割を担う1つが、リブートスペースだ。当社は、空調、音響、照明などさまざまな分野の知見があり、そうした総合力が強み」と岡氏は続ける。

パナソニックエコシステムズ 技術本部本部長の岡秀幸氏
パナソニックエコシステムズ 技術本部本部長の岡秀幸氏
「不快でない空気」 の提案から、これからは、空気と水の質を極めるとする
「不快でない空気」 の提案から、これからは、空気と水の質を極めるとする
空間ソリューションには空気と水が不可欠だという
空間ソリューションには空気と水が不可欠だという

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]