logo

こだわり農作物マーケットプレイス「食べチョク」に肉と魚--食の総合サイト目指す

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2019年07月25日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーガニック農作物のマーケットプレイス「食べチョク」を運営するビビッドガーデンは7月25日、新たに畜産物・水産物の取り扱いを開始したと発表した。

 まずは10生産者が約30点の商品を出品。今後は2019年内に50軒まで拡大予定だ。

これまでの農産物に加え、畜産物・水産物の取り扱いも開始した
これまでの農産物に加え、畜産物・水産物の取り扱いも開始した

 食べチョクのサービス内にて、牛肉や豚肉などの畜産物のマーケットプレイス「肉チョク」および、マグロやウニ、海鮮などの水産物のマーケットプレイス「魚チョク」を展開。生鮮三品を全て取り扱うことにより、こだわり生産者と食に関心の高い消費者や飲食店とをマッチングする、食の総合マーケットプレイスを目指す。

生産者と消費者をつなげるマーケットプレイス

 基準を満たす生産者であれば無料で出品者登録ができ、1箱から生鮮三品が出品可能。契約により、虚偽がないことを約束する。固定費は不要で、販売手数料のみがかかる。

 消費者がサイト上から購入すると、収穫後すぐに生産者より直送される。既存のサービスとは異なり、生産者と消費者が直接つながるため、通常流通しない珍しい食材も販売されるという。

 日本のオーガニック農家は全体の約0.5%程度といわれているが、食べチョクには現在400軒以上のオーガニック農家が登録している。

ルミノ牧場(広島県)の黒毛ジャージー(ランプ)971g(1万586円)。納豆菌などの生菌剤を多く使用することで、牛たちがより健康に育つように配慮している
ルミノ牧場(広島県)の黒毛ジャージー(ランプ)971g(1万586円)。納豆菌などの生菌剤を多く使用することで、牛たちがより健康に育つように配慮している

 なお、肉チョクでは、(1)家畜が自然の営みを自由に行える畜舎環境を提供し、飼育管理を適切に行なっていること、(2)成長促進剤や抗生物質を極力使用していないこと、(3)飼料に化学的なものを極力使用せず、配合内容を事前に提示できることという3つの登録者基準が設けられている。

 また、魚チョクでも(1)持続可能で環境に配慮した漁業を行なっていること、(2)揚げ後の薬剤処理を極力行なっていないこと、(3)養殖の場合は飼料に化学的なものを極力使用せず、配合内容を事前に提示できることの3つの条件がある。

ひろの屋(岩手県)による「生ウニ+ワカメセット」(3795円)は10セット限定
ひろの屋(岩手県)による「生ウニ+ワカメセット」(3795円)は10セット限定

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]